Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.01.19

2018~ SOFTAIL SLIM STREET BOB リーチソロ その11 EVO FATBOY

もう大寒だってのにここ朝霞は今日は暖かかった?です。

 

ということで、

 

 

本日はたくさんのお客様にご来店いただきました。

その中から1999年のFATBOY。

EVOも流石に20年前のモデルって事で最近ではご来店も少なくなりました。

ちょっと前 (と言ってもおそらく10年以上前^^;)まではEVOフテイルのお客さん良く来ていたのですが、最近はとんと見る機会が少なくなりました。

 

 

凄いキレイですねー。

 

 

お知り合いも1999年式の白に乗ってるらしく、この年式のFATBOYを2年くらい探してやっと手に入れ、それから2年ほど乗っているそう。

 

 

私も同じカラーリングの1200Sタンク持ってるほどこのゴールド&バーガンディーのタンデムライン好きなんです。

 

 

これね。

 

 

スポつすーたのタンクは都合3個あります。

 

 

ポリッシュのディッシュホイール。

フォークアウターもポリッシュですね。

 

 

純正のローターもポリッシュです。

クロムメッキじゃないと思う。

 

 

『折角ここまでオリジナルでキレイなんだしマフラーも純正にしたら良いんじゃないすか?』

『じゃー、シートも純正で良い?』

『いやいや、そこは・・・^^』

純正マフラー持って無いらしく現在程度良いのを探してるらしい。

EVO FATBOYの話に花咲いてしまいました。

 

そんなこんなで以前イエローとアイボリーツートンの ’97FATBOYで開発したのを思い出しました。

60km位で走行中に強烈なウォブル起きておっかなかったなー。

この頃のHD(特にFL系ソフテイル?)は、アライメント、タイヤのコンディションやステアリングヘッド周りの状態に振動の波形が合わさると色々あったんですよね。

久し振りに状態の良いFATBOYに出会いました。

勿論、シートの方はご用命いただきました。

ありがとうございます。

 

 

ちなみに、同じEVO年代のこの883は、 ’96です。

23年落ちですが何不自由なく毎日の通勤からツーリングまで機関良好の故障知らずで元気よく走っております。

同じ20世紀物だとビッグツインよりスポーツスターの方が走っている姿見る気がするなー。

ただ、確実にオリジナル状態の車両が少なくなってますね。

知人に探してる人居て 『良いの(オリジナル)あったら速攻声掛けて!』 なんて言われてるんですが、みんなどこかしこ改造車なんですよねー。

 

 

そんなこんな日中終わらせる予定だったシートベース型の水研ぎがまだ終わっておりません。

がびーん。

 

皆さま本日もご用命ありがとうございましたー。

さー、もう少しやって帰ろう。