Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2017.09.11

BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017 IN 白馬 DAY1 R nine T スクランブラー scrambler

行ってきました BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017 !!

DAY1

 

ということで、

 

 

AM2:00集合からの休憩挟みダラダラ走って朝靄の白馬

 

 

日が昇るにつけ靄も吹き飛ぶも

 

 

吹き飛ばない眠気ピークみたいな気持ちの良い朝。

 

 

千曲川と同じ色。

 

 

 

 

設営は青鹿と松村に任せこの前の ライドアフリカツイン でもご一緒だった吉田さんとおしゃべり。

今回、エアゲージ借りたり色々お世話になってしまいました。

有難う御座います。

 

 

並びには MOTREK も出展。

あれあれ?

小船さんは????

 

 

何してんすか!!(笑)

 

 

MOTREKと同ブースには オートショップ大月 さんの UrbanGS が展示されてました。

うちのスクランブラーと同じアナキーワイルド前後履いてます。

2日目に行われるヒルクライムコンテスト走るつもりだったらしいのですが、先着順漏れしてしまったそうな。

あら残念。

RnineT2台で一緒に走りたかったですねー。

そう。

うちのスクランブラー走るんです。

受け付け開始の時間に直ぐ行ったら間に合った。

 

 

詳しくは分からない (大月さんに直々教えて頂いたのですが失念。さーせん。汗) のですが、F系の純正パニアらしいです。

 

 

以外と言ったら失礼ですが、見た目から想像するより強固に固定されていました。

 

 

これ量産品で販売しているそうです。

値段知りません。(笑)

興味ある人は直接聞いて下さい。

 

 

このバッグ容量増やせるんですね。

車幅広がりますが。

まー、そもそもエンジン横向いてますから。

ん?

縦?

 

 

そんな感じで会場~。

 

 

キャンプサイトも活況。

2016は来ていませんが雨だったらしいですから今年は最高でしたね。

2015も雨 でしたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

RnineT pure のカスタム車両。

作った方にはホント申し訳ないのですが、エンドユーザーでもある個人的な感想。

最初、そうと知らずに見て一瞬???てなってフロントフォークとかホイルサイズとか確認してしまいました。

そしたら、あー、これ全部 pure なのかーと。

はたと気が付いた。

タンク塗っちゃうとRnineTのどのモデルなんだか分からなくなっちゃうなーって。

 

そして、うちが買ったスクランブラーのアイコンて何だろうと思い返すと、やっぱり銀タンクと茶色のちっこいシートと気が付いた。

うちの車両に限ってですが、シートを茶にするつもりありません。(まだ決めてないけど)

なので、タンク塗っちゃうとスクランブラーって気が付いて貰えないんだと思ったら塗るの嫌になっちゃいました。

だって、自分は数あるRnineTの中でスクランブラーが気に入って買ったんですよ。

スクランブラー良いでしょ? ってここ見てる人に推しちゃうくらいな心持ち。

オリジナルタンクの要らないフォークの逃げとか膝当たる横面のプレスラインとか気になる所もあるのだけども、やっぱりこの色のままで行くことにしました。

派生で色違いモデルとか出てきたら、その気分も薄れるだろうから塗りますかね。

もしくは、フォーク逃げやプレスをどうにかしてまた同じ色で塗るとか。

個人的には、pureはあのソリッドのベタな色がアイコンだから、青のまま上面に気の利いたデカール貼ったりチョイチョイ差し色 (ベタクリームのピンスト) 入れたりシート (勿論うちの) にして、ライト小降りにする位でさり気なくて格好良くなるんじゃないかな。

 

もうちょっと何かやりたかったら追加で前後フェンダーをどうにかすとか。

pure はギラギラしたらダメな気がする。

塗るにしてもホイルとか。

それはそれでハードル高いのか。

何しろ、pure のタンクはそのままが良いよ。

 

『pure でもここまでやれば良くなりますよ?』 て売り方じゃなくて、 『pure が欲しいんです!』 て買ってもらえるようなpureの世界観を構築しないとー。

ね? 原さん。(笑)

新品タンクもう一個必要でしょ?

言ってくれればアレンジしますよ。

実は、pure のちっこくてデカい部分が凝縮された感じのボディーサイズ嫌いじゃないんです。

上記は全て個人の見解ですのであしからず。

 

 

そんな事を考えつつヒルクライム現地調査しつつ。

なだらかに見える?

 

 

これ2014年の様子。

まー、そこそこの斜度です。

でもってふかふか。

 

 

BBQ会場。

色々な人に誘われるもうち予約してないからー。

 

 

 

 

 

 

車両展示場には日本初公開らしいG310GSが端っこ地味に置いてありました。(笑)

いつ発売開始なんでしょう。

 

 

なるほどー。

 

 

カットモデルも沢山置いてありました。

 

 

このカバーは水冷ですね。

 

 

税抜き9.259.260円のバイクもありましたよ!!

 

 

60回払いて・・・。(汗)

 

 

ちなみに、弊社の出展ブースはこんな感じでしたー。

 

 

そして、寝不足の原因。

何か良い物無いかなーとガサガサ探していたら、以前200DUKEに使った余りを見つけて前日の夜10時過ぎにちまちまこんな物を貼り付けておりました。

 

 

チェッカーが寸足らずだったので、これまたガサガサ探したら車に貼ろうと思ってたのが出て来てぺたり。

チェッカー両脇にクリーム色のピンライン引いたらそれで良いんじゃないかなー。

クロスしたチェッカーフラッグのデカール探そかな。

 

 

 

 

え?

なんも無い方が良いって?

 

 

無視!!

 

 

気が付いた人に ヘッドライトステー 売ってくれと言われました。

むー。

 

 

流石に現地でこれに気が付く人は居なかった。

えー。

キャリパのロゴを白く塗ったんです。

知らんがな。 (´・ω・`)

 

DAY2 につづく。

 

 

 


BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017 IN 白馬 DAY1 R nine T スクランブラー scrambler はコメントを受け付けていません。
カテゴリー