Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2018.09.11

BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2018 IN 白馬 その2

その1 のつづき。

 

だいたい日記になってしまってますが一応仕事。(;´・ω・)

 

ということで、

 

 

サインハウス 会長白松さんは自社も出店してんのにうち来てYOさんとDOAの仕込みを電話で相談中。

『何かジェームスボンドみたい。』 と自画自賛。(;´・ω・)

 

D airだって。

確かにボンドっぽい。

 

 

夕方。

通り掛かり 『ちょっと跨って良いですか?』と松井勉さん。

モンゴル原さんに川渡りさせられて楽しかったらしいBONSAI多川さんとニタニタ

 

 

松 : 『低いですね。』

上 : 『はい。』

 

勉さん2M越えだからなー。

 

で、 『次回ライドアフリカツインにあのワーゲンバスが来ないなんて事は無いですよね!! ね???』と。

ソフトな恫喝かよー。(;´・ω・)

 

 

そして、夕暮れと共に狼煙が。

ってくらいのBBQ会場。

 

 

ほんの少しだけ中入ったけど肉の臭いがすーげーのな。

あっという間に獣臭。

 

もう気絶しそうなくらい眠いので退散。

BBQの合間に勉さん暗闇の中ライトアップでデモクライムしたらしい。

もち、登頂!

さすが。

 

 

で、年一回ガスト入るのが白馬店という夕飯ぱぱと済ませ、今年は宿のじゃ無くて入ろうぜと。

 

 

 

 

朝の荷卸しで濡れた衣類が夜まで濡れたままだったからとても気持ち良かった。

寒かったのよ。

ホントに。

 

 

宿着いてスマホ見ながら気を失うと朝。

予報だと今日は曇りってか晴れ間も出るらしいじゃん?

 

 

 

めちゃ降ってるけどな。

 

 

開店と同時にガスト。

あ、年2回だ。

夜と翌朝。

15分で店を出る。

 

 

白馬47会場着。

今日もなかなかの水量。

 

 

設営し終え、今朝はサインハウス社長と観戦。

ヒルクライム。

G450Xで走りたかったらしいけどそれKYですよと。

 

 

これだけ降ったから中止かなと思ったら決行だった。

どうやら新F750GSでBMW.Jの社長が走ったぽい。

見逃したんだが登頂したらしいです。

やるなー。

 

 

なかなかのコンディション。

今年は走らないのかと色んな人に言われましたが今年のスクランブラーはシングルシートでCafe仕様(ロードタイヤ)なので走りませんよと。

まー、あんまり宣伝ぽい感じもいやらしいかなと。

 

 

レンジャーかっ!

 

 

今年一番濡れた男勉さんが指導。

しかし、なかなかこのコンディションで練習する事も無いだろうから寒かったろうけど参加者には良い経験だったのかな。

 

 

てことで雨だから今年は1時間早上がりのPM0:00クローズ。

即撤収。

 

 

我先にと業者の撤収はカオス状態。

 

 

逃げる様に会場を後にし10分も走ったら全然降って無いのな。

どうやらあの一帯だけずっと降ってたみたい。

雲が滞留し易い地形なのかな?

 

 

 

 

長野からもう晴れてるしなー。

何だったんだ。

 

 

で、月曜の始業から濡れたテントを干す。

 

 

 

しかし、良い悪いは別として、このシート目立っててヨカッタ。

この車両表出した途端にお客さん寄って来たもんなー。

 

 

そして、シングルシートは予想以上に評判良かったです。

手応えも感じたし出来上がったら直ぐ注文するって人も。

ありがとうございます。

早く仕上げて型取り始めないといけませんね。

 

 

そんな感じで来年こそは濡れない勉さんが見られる BMW Motorad Days Japan でありますように。

 

 

 


BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2018 IN 白馬 その2 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー