Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2018.04.23

2018 関東スポーツスターミーティング

今年も行ってきました関東スポーツスターミーティング。

一応出店です。

哲さんスタッフの皆さんお疲れ様でした有難う御座いました。

 

ということで、

 

 

去年 は、 ’07と ’96だったから、

 

 

今年は ’98 (883ADV) 持って行きました。

 

 

開場前。

スタッフの皆さんには好評でしたかね。

今年は暖かくなるのが早かったせいか草ぼーぼー。

花粉も多かったし草花の発育良いんでしょうか。

 

 

そして、開場時間が近くなり来場者が続々と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も沢山の方にお立ち寄りいただきましたよ。

有難う御座います。

 

 

883ADVは、ほぼ 『ん?』 ってなリアクション。

カッケーとかいう声は聞こえてこなかったような?

膝付いて下回り覗き込んでる人とかピボット周りやステップ周りじっと見て動かなくなる人とか。

あと、遠巻きにずっと見てる人とか。

こ、声掛けてくれても良いんすヨ・・・(;´・ω・)

とりあえず分からんけどって風だけどスマホで写真撮っておく現代あるあるな人も多かったか?(笑)

全く目に入っていない様子で目の前には何もないかのように素通りする人も居ましたか。

きっとオフロード車に興味無いんでしょうね。

『これでモトクロス (オフロード) するんですか?』 みたいな質問少なく無い数ありました。

モトクロスやエンデューロ、ダートトラックは競技だから・・・。(汗)

オフロードって、どちらかと言うと舗装路が途切れた先や脇道や林道野山を走ったりというイメージなんですけどね。

アドベンチャーはどっちも走るちょっと前で言うデュアルパーパス。

最近はスクランブラーなんて言うけど昔言ってたスクランブラーとは違ってスタイル目的な感じかな?

欧州ではセパハンブロック (タイヤ) だもんなー。

最近はオフづいてるけどやっぱり舗装路ツーリンが好き。

でも、脇道見付けるとこの先どうなっているのかな? ってついつい足を踏み入れちゃう。

自分は883が好きだから、いつか両方楽しく走れる足の長いスポーツスター作りたいなって随分前から温めてたんです。

 

 

当初はF21 R18インチホイルにすれば良いかなと安直に考えてたんだけど、具体化する段になって部品集めだしたらどんどエスカレートしてしまったといういつものパターン。

で、作り始めたらやっぱオリジナル883楽しいよねーでもう一台お代わりみたいな。

そんな普通のスポーツスターオーナーです。

 

 

去年は来場者のバイク見て回ったけど今年はテントでほぼずっと店番してました。

 

 

哲さんも興味津々?

 

 

久しぶりにお会いした方も。

開場から2時間程度のイベントなので何が出来るって難しいのですが、スタッフの方達が営利ではなく続けているイベントなので我々もぼちぼちまぁまぁという感じで参加ですかね。

 

しかし、今年は随分と砂っぽかったなー。

折角持って行ったレーシングスタンドが埋まってリアタイヤタッチしてました。

この辺りまで水上がって川砂が来てたのかな。

エンジン掛からないから手押しでトレーラーまで持って行くのが重かったー。

 

 

ということで、撤収前にぱちり。

 

 

何だよ何だよ! 砂地が似合うじゃねーかー。

まー、タンク付いて無いけどな。

そう。

みんな 『タンクは何付けるんですか?』 て聞かれましたがやっぱりタンクは顔なんですね。

全体像が見えてこないのか。

ちなみに、ステムのオフセット少な過ぎて3.4ガロンも2.2ガロンも付きませんでした。(汗)

ハンドルポストが丸当たり。

実は、もうハーネス引いてリアブレーキにフルード入れてオイル入れてガソリン供給すればとりあえず走るんですけどね。

 

 

お決まりのもパチリして午後には帰宅。

天気良かったー。

暑かった。

そんな2018関東スポーツスターミーティングなのでした。

 

 

 


2018 関東スポーツスターミーティング はコメントを受け付けていません。
カテゴリー