Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.12.14

XLH883スクランブラー ソフトスプリング3セット目!

amazonから荷(私)物が届く。

 

 

あるあるなんけど、どうしてこうなるか。

ちびのデスクスタンド蛍光灯と、ちちのガス缶

 

 

(;´・ω・)

 

 

随分前だけど別の荷(私)物が届く。

こちらはめちゃギュウギュウ。

と言うか、箱が若干菱形になるよな押し込み様。

 

 

菱側の原因。

うまい具合にこの尖がりが箱の角を押すように刺さってた。(;´・ω・)

突起部に何故エアキャップ巻かないか。

と言うか、巻いたら入らなかったのか。(;´・ω・)

 

 

EXパイプ側。

口元変形したらどうすんだってな話。

ガスケットレスのスプリングフック固定。

合わせの寸法大事よ。

 

 

だいぶ前なんだけど、仕事終わって何だかいつもと違う贅沢な気分を味わいたくってレイトショー(午前様)観に行った帰りの駐車場取り回しで出したままのサイドスタンドカコーンて引っ掛かかりあるあるで反対側にぼーんと投げてしまったらサイレンサーが若干潰れてしまったのだ。

客待ちのタクシーの運ちゃんが『大丈夫かい!?』て駆け寄ってくれたんだけど恥ずかしいからブワッて起こしたら、

運 : 『あれ? これハーレーかい? すごいねぇー。今ハーレーこんなオフ車あるの?』

上 : 『いやー、自分で・・・』(この会話何度目か…(;´・ω・))

運 : 『え? 自分で』

上 : 『そうなんですぅぅぅぅぅ・・・ぶろろーん。』

逃げるようにその場から立ち去る。(;´・ω・)

 

 

右側で最初にヒットするのがここなんだよね。

別に壊れるのは良いんだ。

気になる迄なったらリベット揉んで直すから。

 

 

でも一応バックアップ用意しておこうかなて。

一応新品。(展示品)

送料コチラ持ち安くしろなんて頼んだ訳でも無いがコンパクトな箱に収めて送ってきた。

会社が違うと箱サイズ(思想?)も異なるという話。

 

 

ちなみに、エキパイは使わない。

使えない。

と言うか付けられない。

流用した機種のが既に廃盤なってて入手出来んかった。

バックアップと言って良いのか分からない加工素材的な。

 

ということで、

 

 

ソフトスプリングが巻き上がったよと連絡あり取って来た。

 

 

実装。

 

 

3セット目。

 

 

単品製作3セット目だけど、その礎? となったOHLINS純正吊るしのスプリングは4セット試した。

ヘルパー側は2本目。

 

 

シャキーン。

 

 

ゼロ

 

 

スタティック

 

 

1G

既に毎日走っているんだけどかなり良い感じ。

バンク無い舗装路コーナーでも後ろギューて入ってアンチスクワットと一緒にビヨーンて伸びながらトラクション掛けながら立ち上がる感じ。

だいぶオフ車ぽくなった。

これでOKなら3回目のリバルビング に出そう。

いつもの MONDO MOTO 。

 

 

もうこれ以上シム抜き出来ないて言ってたから今度はピストンに細工するって。

失敗してもピストンは国内で手配掛けられるらしいから。

伸び側ふん詰まってる。

 

 

漢のCクリップ仕様。

逐一サス外してバネ抜いてクリッピング♪

 

え?

イニシャルアジャスターてナンデスノ?

 

 


XLH883スクランブラー ソフトスプリング3セット目! はコメントを受け付けていません。
カテゴリー