Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2020.05.02

SR400純正シートカウル 段付きシート その2

40周年のカウルを都度付けたり外したりがとても面倒なので手持ちのキャブ用カウルを装着します。

 

ということで、

 

 

この位置だけが穴合わないのよ。

 

 

ホントこの程度なんです。

2~3mmてところ。

まー、カウル引っ張っちゃうとボルト入っちゃうんだけど、やっぱりその分カウルが歪むからねぇ。

 

 

 

 

長穴なので真横と言うより少し下目の外側へ。

 

 

棒やすりでシャシャッとね。

10秒も掛からない。

 

 

OK!

キャブキャブ言ってましたが、2015年式のお客さんのシートで確認したのですが、同じ位置が合いませんでした。

どうやら2019年式から穴位置が内寄りになったようです。

ということで、2018以前のユーザーの方はカウルにひと手間よろしくお願いします。

 

 

シルバーのカウルも良いな。

 

 

で、折角合体させた上型ですがいきなりカット。

 

 

タンク側の先端のみ残しライダー側座面を剥がして段付きシートをはめ込むよの前に擦り合わせ。

このカウル付きシートベースは基は段付きシートだから普通に両者チリが合うんです。

 

 

が、段付きシートそのままではなくちょっと変更して合体させますよ。

カウルのボリュームに合わせて少し上げた位置にします。

先端も少し高くなってる。

タンクに大きく被さる。

 

 

段付きシートにそのままカウル引っ付けると後ろのアイポイントが大きなシートになっちゃうのですね。

タンク側が高くなることで前側も少しボリューム持たせられます。

着座位置高くなった分足つきにも配慮します。

段付きシートと変わらない足つき良さに出来るでしょう。

 

 

ヨショ。

 

 

こうすると少しイメージ湧くでしょう?

やったー。

明日から連休だー。

6日まで休んで5/7から通常営業です。

ご注文やお問い合わせの対応は5/7以降となります事ご容赦下さい。

 

 

 


SR400純正シートカウル 段付きシート その2 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー