Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2016.05.26

BMW 水冷 R1200GS LC 福島林道 ブロックタイヤMTG その2

昨日 のつづき。

 

 

結論から言うと、その場に居た皆さんに応急処置をしてもらってその日の内に帰宅出来ました。

 

 

調子に乗ってというかガレ岩ぽっこーん乗り上げてホイル割りました。

しかも、そのまま気が付かず休憩ポイントまで走ってしまった。

ここ以外にも凹んでた♪

あはっ。

 

休憩してたら 『ちょっとちょっと上山さん! 何だかタイヤが潰れている様ですよ!!』

『えぇぇーーーーー』 みたいな。

 

割とフラットな路面でぽんと転がってる岩にフロント乗って横飛びして一瞬 『う、うん?』 と思ってたんですよね。

爺が岳とかだとしょっちゅうあるあるで気にも留めないんですが。

言い訳でも人のせいにする分けではないですが、 この前行ったロードタイヤ林道ツー で某DOA主催者Y師範に 『今のBMW

のキャストは強くなっているから結構平気ですよ。』 なーんて言葉を聞いていたもんで平気なんだろなーって。

いや。 決して山原さんのせいにしてる訳じゃ・・。(笑)

まー、タイヤも違うしペースも違うっちゃ違ったんですが。

自分を良く知る人はホイル割ってもあまり驚きませんかそうですか。

平常運行?

 

ということで、

 

 

GSトロフィーにもエントリーしたしで数日前に Michelin アナキーワイルドに換装しました。

 

 

まだ真円だった頃。

 

 

 

 

まさかGSに初めてブロックタイヤ履かせ初出走でこんななるとは思わなんだ。(笑)

まー、何もないより色々あって楽しいよね。

 

 

で、当日佐野SA辺りからポツポツ西那須野塩原IC降りたらそこそこ降り出した。

BMWだとツーの途中で雨降り出しても気落ちしないんですよね。

むしろ嫌いじゃないみたいな。

 

 

しかし待ち合わせ場所では止んでおり、皆さん既に集まってます。

 

 

ざっと原さんからルート紹介。

首都圏某2輪外車ディーラー(笑)のブロックタイヤ愛好家の間で定期的に行われているMTGらしいのですが、今回部外者の

ワクタシも混ぜてもらいました。

仕事絡めて会う事はあっても、こういう場でって機会は滅多ありませんからね。

自己紹介程度で特に名刺切ったりとかもしませんでしたがこういう方が気楽で好きです。

 

 

挨拶もそこそこ走り出し、

 

 

1本目の序盤でこれですか。

まだGSブロックタイヤがどの程度かも理解進む前。

 

まー、砂利ダートは苦手だしこっちの方が好みかも。

と言うか、モードスイッチ 『ENDURO』 と 『ENDURO PRO』 どっちにするんだろう。

今までロードツーリングをメインにしてきたからほとんど 『RAIN』 モードでしか走ってないんです。

『ROAD』 や 『DAYNAMIC』 はツキが良くなってバタバタして長距離走ると疲れるんで。

 

それでもトラコン掛かるのは段差越えで前後ホイルの回転数に差が出来た時くらいでしたか。

水冷になって随分速くなったのでRAINでも十分以上。

うちのは初期型でフライホイル軽いんだか吹け上がり速く極低扱い難いけど。

 

まー、水冷はクラッチ使えるとけどね。

原さんは初期型好きと言ってましたっけ。

好みでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいスね。

 

 

舗装路で繋ぎ

 

 

また未舗装路へ。

 

 

 

 

玉砂利ダートでモードENDURO立ち上がり (ホント) 適当に開けしてテールスライドするよなしないよな乗り方に慣れたがABS

効きまくって車体起きたままクリップ付けず。

ENDURO PRO に。

リアのABSが切れる?

 

 

深砂利とGSでの初めてのブロックタイヤはどの位で止まるのか分からず止り切れずズサッ。

慣れる。

登り勾配から下り勾配になったら途端に前後配分変わって (リア抜ける) もうちょっとスピード出てる状態でリア出てズサー。

どっちも左コーナー。

フロントブレーキも積極的に使う。

慣れる。

 

 

進入前からRロックさせてクイクイ多角で向き変えて、リア荷重抜きホントは好きじゃないけどハンドルでタイヤの向き合せて (イン側引く) 踵で捻ってグーと少しずつワイドにスロットル開けてテールスライド。

なるべくバイク立てた状態でドリフトて感じ?

スライドさせなくても良いんだけど楽しいから。笑

 

やっぱテレレバーって少なからずステアリングじゃなくてハンドルなんだなーと。

今後ENDURO PROで行きましょう。

 

 

え? トラコン切れるの?

知らなかった。

次回だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原さんには自分と同じ高さの シート を付けて行ってもらいました。

『すごいイイス!!』 って感じで好評でしたよ。

 

 

 

 

GSトロフィー開催中にスキルチャレンジってのがあって、ここグランディ羽鳥湖スキーリゾートで行われるらしいです。

スキルチャレンジって何するんですかね。

トライアルぽい感じ?

で、 『これでラストですよー。』 ってガレぽい林道を走り終えて休憩ポイントでパンクですねとセンター立てタイヤ回して 『どこも

刺さってねーぞ?』 で 『あっ!!!!! これ割れてません????』

 

 

がびーん。

 

 

そこから、 『ホイル抜くから腹下に入れる物何か無い?』 とか 『キャリパ外すから誰か13mm持ってる?』 とか、『オレパテ持ってるよ!』 『アルミテープあるある!!』 とか 『日が暮れ始めると早いよ!!』 とか 『この辺熊出るぞ!!』 みたいな。

奇しくも本日出走11人中自分以外は皆バイク屋家業と言うハイスぺックな布陣でした。

 

 

 

 

 

 

こうしようと決まってからが早いこと早いこと。

普通諦める状況から30分強で路上復帰してしまいました。

その間ボーと見てるだけ。汗

皆さま有難う御座いました。

 

今後はK&Hの上山ではなくホイル割った上山と言われるのでしょうね。

まー、それもありなのかな?

何も無いのも良いけど何かあるのも面白いですから。

出来るなら当事者にはなりたくありませんでしたけどね。

ぽんと上がった時の安堵感たら

 

 

 

 

そして、割れからは収まりましたが開いてしまったリムから多少エア漏れしつつとりあえず帰れるだろうとソフトクリームなんかを

食べつつGSトロフィーのベースキャンプとなる 『レッジーナの森』 を視察しその場で解散となりました。

帰りは原さんからエアモニターをお借りしましてちょー助かりました。

お陰で白河から練馬の高速200km間のドキドキが緩和されてホントこれ無かったら不安で不安で仕方なかったろうなー。

有難う御座います。

2.9入れて自宅で2.4でした。

 

 

途中SAで休もうかと思ったけどタイヤ冷えてぷすーってなったら嫌だなとエアモニ見つつ前見つつ一息で帰宅。

朝、電話忘れて和光北PAでUターン (笑) したのも入れて630kmほどのツーリングでした。

ブロックタイヤとは言え、R1200GSの高速巡行性はとても頼りになりますね。

最近アフリカツインばっかり乗ってたから改めて実感。

GS乗っちゃうとアフツイのスクリーンねー。

 

しかし、GSで林道走ってみて新しいアイデアに繋がる良い勉強が出来ました。

今日も帰りにアフツイ乗ってなるほどなーとか感じる所があったりして。

走る度、確実に何かありますね。

そんなこんなでブロックタイヤ愛好家の仲間入りが出来たような無いようなな水曜日。

通常営業日じゃーん。

とりあえず楽し過ぎました。

 

 

 


BMW 水冷 R1200GS LC 福島林道 ブロックタイヤMTG その2 はコメントを受け付けていません
カテゴリー