Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.04.27

R nine T フロントシート その16

昨日抜けたスポンジ を仕上げましたよ。

 

 

純正ラッチを固定します。

 

 

こんな感じ。

 

 

固定ボルトの4本も純正を使用するのですが、これ首下の長さが2種類あるんです。

最初に外すとき確認せずだったので、どっちがどっちに付くのか分からなくなってしまいました。

寸法違うから分かりそうな物なのですが、座側を見ても何故ここで寸法違いにするか分からない。

『まだ純正シートからボルト外してないよ!確認してあげるよ!』 なんて方いたら教えてください。

お願いします。

 

 

スプリング挟んでこんな動き。

 

 

ステーやらゴム足やらも装着。

シート表側の形状も大事なんだけど、シートベース側も大事。

車体との接点という意味もあるけど、スポンジが乗る土台ですからね。

十分な剛性のあるシートベースがしっかりと車体に固定されて初めて上に乗るスポンジが活きる。

と言うか、大事じゃない所なんか無いんだなー。

全ての個所に意味がある。

ブレーキと曲がり始めの空走みたいに何もしていないとか惰性とかでは作っていません。

いや、まじで。

 

 

ラッチの抜け止めステーはこのシート専用に新規製作。

ステーの個数やナットの仕込みやらダブル、シングルよりも多いという。

ラッチ両脇のゴム足もダブル、シングルは片側1ヶずつなのだけど、こいつは各2ヶ設置。

理由は書かない。

意味はあります。

 

 

車体に装着して表に出して確認。

 

 

 

 

 

純正シート中央にある向こう見えちゃう隙間。

 

 

無くしました。

まー、普通。

これなら座面の傾斜も分かるかな。

水平近い。

 

 

 

 

 

 

ハンプカバーとの相性気になるって人も多いと思います。

 

 

こっちも普通。

早くレザー張らないとね。

レザーカラー沢山あるから、何色にしようって考えるのも楽しいんじゃないでしょうか。

実物レザーカラーサンプルが欲しいって人は コチラ からどうぞ。

タックロールもやりますよ。

 

 

見た目だけじゃなく実用性も兼ね備えています。

使っている人なら分かると思いますが、乗り心地だけじゃなく操作する楽しさもある。

え? シートでしょ? って人もいると思いますがシートで全然違うんです。

 

 

良い感じです。

 

ということで、明日4/28から5/6まで休みます。

4/30と5/1のみ本社業務(ご注文対応)は行います。

お問い合わせ、資料請求につきましては、5/7以降の対応となります事あらかじめご了承くださいませ。

 

ゴールデンウィーク皆さん大いに楽しんで下さいね。

ただ、普段より車移動の人も増えますから、不意の事故に遭遇しないよう羽目を外さないようお気を付け遊ばせ。

 

 


R nine T フロントシート その16 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー