Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2020.09.15

ストリートボブに K&Q その5 SOFTAIL STREET BOB FXBB

原型削ってても大汗掻かなくなってきたよ。

 

ということで、

 

 

切った貼った擦った盛った散々した挙句、現状こんな感じに落ち着きつつあります。

だがまだ終わらない。

未だ、シートベース側は手付かず。

 

 

とりあえず初サフェ入れ。

ぱさー。

 

 

装着して走る。

前に給油。

後ろから見た細さがいいねー。

何度もやり直した甲斐があった。

サフェ色でこれだから、黒いレザーにしたらもっと小さく見えるはず。

 

 

しかし、この鍵付きのキャップ面倒臭いなぁ。

捻ってキープしたまま回すのかな。

良く分からない。

鍵付き標準になったの日本だけ?

 

 

見た目も好きくない。

今まで通りつるっとしたプレーンのキャップが良いな。

鍵が増えるのも好ましくない。

個人的にはキーレスが好きではない。

今までの様に、キーシリンダーに差しておけば乗車時に手荷物にならず済むのだから。

キーレスならせめてBMWみたいにステアリングロックもオートにして欲しいね。

(給油キャップの施錠もキーレス)

HDは鍵で手動ロック。

自動でも手動でも良いのだけど、混ぜ合わせると微妙に不便なので止めて欲しい。(;´・ω・)

 

 

練馬本社兼、縫製部へ。

ソロも良いけどK&Qも良いですね。

 

 

皆働いておる。

 

 

で、朝霞へトンボ帰り。

 

 

タンクキャップ、タンクキャップと。

何かこの辺に沢山あった気がするぞ。

 

 

合うの黒いのしか無かったけど意外と似合ってるから良いのか。

90年代のキャップと微妙に口径違うのね。

クロムメッキのは入らなかった。

そう言えば、何年か忘れたけど、~’03スポーツスターも途中でキャップの部番変わってような。

 

 

そうそう。

昨日 の話。

ベルトとタイヤ(ホイル)が随分と離れているでしょう?

今は、200mmタイヤのモデルは無くなってローライダー、スポーツグライドやらが180mmか。

スポークホイルとキャストホイルの違いあれど、この辺りのモデルと共用している部品多々ありそうだ。

 

 

太いタイヤに合わせたベルトラインだから、ハブに分厚いスペーサー入れてプーリー(スプロケット)をオフセット

 

 

と思ったら無垢だった。

(。´・ω・)おや?

 

 

何で挽目が付いてんのかな?

このハブ削り出しなのかな?

やるなー、ビッグツイン。

 

 

勿論、前ハブも。

 

 

さーて、どうしようかな。

走った感じは非常に良い。

後の意匠の部分。

長距離のタンデムツーリングには向かないシートだから割り切った形状にしようと思う。

 

 


ストリートボブに K&Q その5 SOFTAIL STREET BOB FXBB はコメントを受け付けていません。
カテゴリー