Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.03.18

スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その90 初ツーリング sportster scrambler

本日定休日ってことで改めて車検通してから初ツーリング。

 

ということで、

 

 

海老名SA カッコ付けてオフヘルで来たら顔が寒い。(笑)

 

 

花粉もボチボチ。

ゴーグルだと隙間多いのなー。

アドベンチャヘルメット欲しい・・・。(;´・ω・)

 

 

ずんずん。

 

 

ずんずん。

 

 

自撮りにチャレンジ。

良いかも?

 

 

土の上も少し。

 

 

とりあえず、トレールタイヤはロードタイヤだと再確認。

舗装路すげー。

ダートはー。(;´・ω・)

リアショック動いてなーい。><

下りいまいち。

まー、組み上げて直ぐこれだけ舗装路走れるとは思ってなかったから現状満足だわー。

と言うか楽しいし。

見た目どうこうのことがパッと消える瞬間。

なんでHD社はスポーツスターでオフスポ作らなかったんだろう。

素人が作ってもこんなに良いのにね。

米国は日本よりダート文化根付いているだろうし。

でも、ふと自分が何の車種に乗っているのか分からなくなる瞬間もあったなー。

スポーツスターだけどスポーツスターじゃないみたいな不思議な感覚。

 

 

標高上がるよずんずん。

もう一台のオリジナルの ´96よりこっちはとても背が高くなったけど、乗車するとすごく小さい。

ホントにコンパクト。

ステップばーんと下げてあるから、乗車位置がタンクギリギリの前目になっているからだ。

足下ろしたりスイッチバックで取り廻したりするとすごい高さを感じるけど、動き出すとホント250みたいなの。

下げたステップとシートと幅広のハンドルポジションはまんまオフ車。

急かさない883のエンジンと相まってもうトレールバイクだね。

高回転キープしてギアを繋ぐとそこそこアドレナリンも沸々。

ただ、フロントがやっぱり重たくなってる。

立ち上がりで後ろが下がってくれないから更にいまいち。

まー、一先ず走り出せたんだからDOA終わった辺りから追々動こう。

 

 

まだ山の上は空が澄んでましたねー。

ちょっと肌寒いので電熱ウェアONして走る。

 

 

 

 

海側へ。

 

 

海へ。

 

 

某お医者さんが鰻のお店教えてくれるも高そうなので漁港で一番安い丼。

950円なり。

 

帰りも高速乗ってぴゅーと明るい時間に帰宅。

約束のちびの下校時刻に間に合わない。(汗)

で、腹冷えたらしく帰ってから個室に少し籠る。

うー。

 

ということで、

 

 

明日もこんな海老名SAトイレの謎張り紙のように頑張りたいと思います!!

 

 

 


スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その90 初ツーリング sportster scrambler はコメントを受け付けていません。
カテゴリー