Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.05.14

スポーツスター XLH883 スクランブラー にETCを!!

’03 の HD GENUINE P&A(Part & Accesary)

 

 

当時から純正セキュリティーなる物ありましたよ。

 

 

がっ! XLシリーズ注釈すら無く見事スルー。

エックスエルてナンデスノ? 的な。

そのフレームにゃ収まんねーぞ諦めろよと。

 

 

時は流れ、かのウイリーG (HD創設者 William H. Davidson, の孫)が悲願するも諦めたとかそもそもそんな話無かったとも言われる ~’03スポーツスターシート下にETCを収める件。

令和元年とうとう私が達成してしまいました。

 

 

フレームより低い位置に収納。

ふふふ。

 

 

なーんて気を良くして 全日本MX 観に行きましたらメーター針がピクリとも動いてないことに気が付いた。

oops!!

走りながら頭の中ぐるぐる。

シート下とライト周りで配線取り回しアレコレやったからコネクタ差し忘れた、もしくはメーター側でライトバイザー固定で配線噛み込んじゃったのか?

昨夜シート外し確認したらコネクタOK。

メーター外してコネクタまで確認するも導通あり。

 

 

センサーでしたね。

参りました。

良く壊れる壊れる聞いていたけど初めてだわ。

 

 

が、出来る男は予備ハーネスをアッシーで持っておる。

交換したら元通り。

まー、結局のところ中古だけどな。

磁気拾ってるだけぽいけどこんなもん何処が壊れるんだろ。

 

 

でもってタイヤ1.700km走ってこんなもん。

3.000持たないねこれは。

既にフィーリング悪い。笑)

この際、ロードぽいタイヤとか色々試してみようと思う。

しかし、車重200kgオーバー900㏄でリアのリム幅2.15て時点でちょっとおかしい。(;´・ω・)

まー、この年式は頑張っても130幅のタイヤしかフェンダー収まらないしね。

 


スポーツスター XLH883 スクランブラー にETCを!! はコメントを受け付けていません。
カテゴリー