Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.12.18

XLH883 スクランブラーのオイル漏れ修理 続編

この前、頑張って交換したカムカバーガスケットなんだけどまた漏れてましてEXパイプまで外して増し締めしたら止まっちゃったんです。

そーおいうことじゃーない。

 

ということで、

 

 

また裸。

バイクて大体ローリングシャシにすると格好良いんだけどこれに限ってはそーおでもない。(;´・ω・)

残念ながら。

 

 

ホントにこれでビッグジャンプして大丈夫なのだろうかという華奢なシャシ。(ビッグジャンプしない)

機会があったらモトビのテーブルトップくらい飛んでみたい気もしなくもない。

 

ちなみに、ハンドルストッパー飛ぶくらい派手にぶっ転ぶと曲がります。

背骨の辺り。

うち来た当初曲がってました。

途中まで気付かず作ってた。(;´・ω・)

塗る前にフレーム修正。

ヘッドパイプとピボットの水平垂直は出ているはず。

 

 

前から見てもこの細さ。

エアクリカバーとプライマリ側ダービーカバーのモコシが少し見える程度。

腰上はまず見えない。

クランクの配置上、単気筒と同じだからねぇ。

しかし、この状態で押し引きすると良く分かる。

このバイクの重さは殆どエンジンなんじゃないのかと。

 

 

で、夜の部。

ロッカーフリーしてからカムカバー割る。

滲みは収まったけどそのままてのは非常に気持ちが悪い。

 

 

オイルポンプ上からリークしてた。

ちょうど部番の辺り。

 

 

このシリコン塗ってあるのてどうなのか。

増し締めしたから?

面圧掛かって剥離してる。

と言って、20.0Nm程度。(手トルク)

SM値で9.0~12.4Nm

漏れたのは組み方が悪かったのかもしれないが、これならただの紙の方が良い。

まー、どちらにしてもHD純正がびっくりするくらい手頃な価格だったしもう二度と使うまい。

もっと取り寄せに時間掛かるかと思ったらHD.J 在庫ありですぐ届いたし。

現行XLもこれ使っているのかな?

 

 

純正はメタルだし位置合わせも楽だった。

ボルト締結の際、巻き込んでてのも無い。

社外は全ての穴巻き込まれていた。

 

 

ついでに、この前交換したポンプ周りも

 

 

HD純正のメタルガスケットに交換。

勿論、Oリングも純正に。

 

はい。

勉強なりました。

せめて純正品の在確してから社外に手を出そう。

昨夜は日を跨がずに即日完了でそのまま帰宅~。

オイル硬い状態で低ギア少し回し目巡行したけど現状滲みすらない。

んなこと言ってまた漏れたらどうしよう。(;´・ω・)

 

 

2019秋door of adventure-八ヶ岳-6

年内もう一回くらいは走り行けるかな?

 

 


2 件のコメント

  • CX より:

    最後のスタンディングの写真
    一見スリムなオフローダーなのに
    両足のステップ間、凄い開いてますねww
    違和感のような、安定感のような・・・オモロイです。

カテゴリー