Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2020.07.04

XLH883 スクランブラー リアサスペンションのセット変更その4 とフロントフォークリバルブ

今日は作業着に着替えてずっとデスクワーク。苦笑

いつもと違う仕事なので非常に疲れます。

しかし、ぽりぽり食べちゃうのね。

 

ということで、

 

 

『XR600ばかり乗っててもう飽きちゃったんでしょ?』なんて言われますがとりあえずまだ飽きてないです。883(笑)

 

MONDO MOTO 市川さんにまたセット変更の予約入れていたのでサスペンションを外しまーす。

 

 

センタースタンド無い車両はリアサス外すと後大変だよってことで元液体(オイル)だったがベトベトになり異臭放つWorks Paformanceに適当なばね付けてと。

 

 

この長さの差。

883に付けているのは芯芯で450mm。

Works Paformanceも芯芯で380mmとツインショックではそこそこの長さ。

カワサキZ系用とかなのかな?

 

しかし、リアサスは 3月にある場所を加工してもらった ばかりなのにね。

この時のがともて良くなっててしばらくこれでと思っていたの。

でも、それで逆に更なる欲が出て来てしまった。

やり過ぎちゃう可能性もあるんだけど、失敗しても国内で部品調達できるようなのでね。

 

 

上合わせ。

 

 

下足らず。

このままホイル持ち上げてボルト通してもサイドスタンド長過ぎて倒れちゃう。

 

 

ホントはもっと厚くしたいんだが、まー、最終的にはリジットラック掛けちゃうから。

 

 

そして、今回は、やっとフロントフォークのリバルブにも手を出します。

モトクロッサーのフォークだからなかなか手強いシムが積まれているんだろう。

XRみたいなスコスコ動くサスペンションにしたいなぁ。

車重あるし、後ろホイルトラベル少ないから難しい部分もあるのだけどね。

 

ちなみに、このバイクはライト周りやウインカー取り付けがフロントフォークに依存していないのでレーサーに近い整備性。

キャリパとホイル外してステム緩めればスコンと落とせます。

 

 

後ろはバネ外して発送。

市川さんの手を煩わせるまでもない。

 

 

しかし、バネの自由長。(;´・ω・)

長く柔らかいバネを使っているのだ。

 

 

なんかいつも不動車がここにあるなぁ。

 

 

これは自分のじゃないけど

 

 

タイミング合わせての入庫なのでそこまで時間掛からないと思うんだけどどうだろう。

楽しみだなぁ。

 

ちなみに、デスクワークはまだ終わらない。

今夜どんなに残って頑張った所で終わらないのだから早く帰れば良いんだけどねぇ。

明日明後日と、連休だから家でやる様だな。

ふー。

 

 

 


XLH883 スクランブラー リアサスペンションのセット変更その4 とフロントフォークリバルブ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー