Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2020.02.13

XLH883 スクランブラー リアサスペンションのセット変更

ずっとやってる弊社ウェブサイトのリニューアル。

もうかれこれ2年くらいやってるかも。

前に依頼していた会社がとんでもなくて不具合やら色々出ています。

納期守らない打ち合わた通りの物が上がって来ない、しかもそれを弊社のせいにしてくる、何度か指摘するも一向に改善しない決め事守らない嘘つくので契約破棄しましたよ。

最後は納品していない物も出来高精算しろとか言い出し契約額から貴社のせいだと上乗せて来たり。

まったく。

で、一番の問題がこれ。

お問い合わせ / 資料請求フォームの不具合

自動送信メールが弊社に届かないんです。

お客さんの方へは届いているからまた質が悪い。

お客さんから「返信無いよ?」 もしくは「資料届かないんだけど?」 とメールで問い合わせてもらって初めて問い合わせがあったのを知るという・・・

問い合わせたけど返信無いて方は直でメール下さい。

お手数お掛けしますが宜しくお願い致します。

早く新しくのに差し替えたい。

ホント参っちゃう。

今は良い人に巡り合え新しい物を一緒に作っています。

自分側で用意するの物が遅れがちなんだけど・・・。

 

ということで、

 

 

フォトギャラリー(今後は『VOICE』に変更)とセミオーダー例の選択し易いよう、階層分けするぞとエクセルで作ってました。

これがまたHarley-Davidsonのソフテイルだけがメチャメチャなんですよ。

ディスコンになったり復活したり以前と名前一緒なのに違う車体構成になったりダイナファミリーだったのがソフテイルファミリーに統合されたり・・・

まー、まだその辺は良いのだけど、シートの適合がモデルチェンジ毎じゃなくって、ちょっとこの年からこのシリーズのこのモデルだけフレームサイド留めだったけどリアフェンダーに穴開けたよとか後ろの穴位置1cmずらしたよテヘヘペロみたいなことが往々にしてあるんです。

しかも、これ面倒なのがユーザーさんもその微に入り細に入るHD社の細やかな(メンドクサイ)変更を知らなかったりするのだ。(苦笑)

それを一車種ずつ追って表にしたと。

EVOも車種訳し出すととんでもない事になるので一括りにしてしまった。

スマン。

まじ気が狂う。

というか怒りが込み上げ・・・

いやなんでも無いです。

とりあえず、完成!・・・したと思う・・・。

スポーツスター、ダイナ、ツーリングは特に問題無し。

 

 

この良く落丁しねーなーというP&A(パーツ&アクセサリー)作った人も同じ気持ちのはず。

ソフテイルだけ適合がめちゃくちゃ煩雑。

ソフテイルは派生モデル出し過ぎなんだよ。

2018でフルモデルチャンジしてラインナップ少しすっきりしたと思ったけど、既に色々出しては消えるべた足振り被ってのフルモーション始まってるもんなー。

困ったもんだ。

 

 

最近SR乗っているので883スクランブラーも素883はお休みモード。

 

 

と言うか、リアサス付いて無いのだ。

そう。

MONDO MOTO へもう何度目だろう仕様変更に出しています。

この前のでバネ決めた ので減衰の方。

硬いのよ。

そもそもMOTO用のサスじゃないからねぇ。

ポンと付けて機能するわきゃない。

 

 

素の方も前タイヤ換えたいのだけれどなー。

今だったらとことこ河津さくらでも見に行きたいなー。

 

 

 


XLH883 スクランブラー リアサスペンションのセット変更 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー