Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2012.12.01

YAMAHA WR250F ガンダム化 (白外装) への道。

自分のこと。

アメリカからの荷物なんだけど、DHLで届いたぞ。(汗)

 

 

みな予測していただろうけどWR250Fネタ。(笑)

ONEのグラフィック。

 

でも、これYZ250F用なんだよね。

WR用ってなると、極端にラインナップ少ないのよ。

しかも、青系の詰まらないのばっか。

やっぱ、白に赤が好きなんで。

ちなみに、YZとWRの外装を品番順に追ってみたら、フロントフェンダー以外全部違うっぽい。(汗)

 

まー、何とかなるでしょっ!

 

 

白外装キットは、Polisport とかからも出てるんだけど、馴染みのある ACERBIS製にした。

内容は、F&Rフェンダー ・ 左右シェラウド ・ 左右サイドカバー

ライトカウルだけは、どのメーカーも出してない。(涙)

オーストラリアヤマハが オプション で出してるのを発見。

 

でも、シートカバーやハンドガード、バーパッドカバー、グラフィックまでフルセットだった。

うーん。

最初からそれ取っておけば良かったかー。

純正外装はと言うと、サラッサラの新品状態で大事に取って置くのさ。

売るときにきれいな外装付けて査定UP? という事でも無いんだけど、ヤマハの青外装の青が嫌なのよ。

青好きな人いたらごめんなさいねー。

 

 

しかし、レーサーだけあって頑張っているよね。

 

 

で、イタリア人の事をあまり良く知らないので、どんなもんかとまずはフィッティング。

リアフェンダーの穴位置が若干渋かったけど、他は概ねOK。

作りは悪くないかなー。

 

でも、比べると純正の方が少しだけ肉も厚くて良いかもね。

まー、比べての話だから、ACERBIS製も十分実用に堪える出来だと思います。

つーか、こんな丸パク状態でイインすか?

 

まー、それ買ってる自分が居るんだけど・・。(汗)

でも、ヤマハGENUINEで白外装あったら、そっちをフルセット買いまっせ。

オーストラリア製は送料がー。

つーか、あれってホントにヤマハ製なんだろうか。

 

 

オフ車のグラフィック貼りなんて初めてだ。

昨晩、難易度低い箇所から張ってみた。

やっぱ、形状違うんだね。

 

まー、WRはテールランプ付いてるしな。

カッター入れて事無きを得た。

 

 

いやー、ガンダム!!

 

 

量産機っぽいからジムか?

 

 

『足は付いていない。』

『あんなの飾りです。 偉い人にはそれがわからんのですよ。』

もしくは、 『まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!』

とかいう遊びをしている訳ではありません。

しかし、こうやって見ると白/赤のバイクだけになってきたなー。

奥のトラも白/赤だし。

 

 

1号機もある意味 白/赤だ。

唯一違う色だったスポーツスターは、 この前 出しちゃったしなー。

気が付いたらヤマハ3台体制だ。

2台弄ると時間が足りねー。

まっ、楽しいんだけど♪

そんな事してないで、早く乗り出し前整備やれって?

外装ばっかで未だクーラントすら買って来てない。(汗)

 

うーん。

とりあえず、エンジンオイル入ってるよね? って感じ。(笑)

 

 

この前の フォーク三昧 の中身が、色々あって合身してア・バオア・クーから帰ってきた。

 

 

両者が合体すると、左から右になるのだな。

ニュータイプです。

『大佐ならうまくやれますよ』

 

 

そんで、もう一丁届いた。 (3本目)

もうどんだけやれば気が済むのかと思うけど、とにかくやらないと気が済まないんだな。

最近、自分でも諦めが付いてきた。

『分かった分かった。 もうやんなきゃ先に進めないんでしょ! 好きにすれば。』

『アイヨー。』 って独り言が出るくらい。

アイヨーって言うか、まー、仕方が無いよね! って感じか。

何も仕方が無くないんだが。

 

しかし、バイクとなるとじゃぶじゃぶだけど、靴下とかなるとこれが買えないんだなー。

あとパンツとかも・・・。(汗)

 

 

国内生息物だけど、きれいなチューブ。

まー、これはスペアだな。

 

 

苦笑・・・。

はてさて。

自分は先に進んでいるんだろうか?

 

 

マイッカ♪

その2 へ続く。

 

 


YAMAHA WR250F ガンダム化 (白外装) への道。 はコメントを受け付けていません
カテゴリー