Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.11.15

XSR900 シングルシート その10 ステッチラインといきなりハンバーグ

昨日の話。

仕上げたスポンジを現車に装着確認。

 

 

問題無くカチッとラッチとキャッチが収まります。

 

 

全体像こんな感じ。

スポンジ色だと結構大きく見えますね。

さて、これがレザー張ってどうなるか。

 

 

先ずはステッチラインを入れ

 

 

るも夜のせいか疲れのせいか眠いせいか迷いが出てきて決められない。

うーん。 こりゃダメだ。

とりあえず、他作業しないといけない仕事片付けまた向かうもイマイチ集中できない。

明日に持ち越し。

明るい時間に見たらまた違うだろう。

 

 

で、883整備の為タンク外したりそのままだからそっちやって帰る。

確か月曜からバラシ始めたから都合4日掛かったなぁ。

昼と夜少ししか時間取れない。

毎晩午前様なのはこれもあるのだ。(;´・ω・)

毎日スタートの時間遅かったからなぁ。

週明け取材なのですよ。

走行シーンもあるのでちゃんと整備しておかねばと。

 

 

で、今朝。

集中力アップからライン書入れローシート背負って、

 

 

練馬本社縫製部へ。

ライン入れたシングルを渡し軽く指示出し背中からローシートで朝霞へ帰る。

シングルシートはローシートよりも10mmアップでハイシートよりも10mmダウンです。

走った感じはローだとちょっと低いかなー。

でも、ハイシートだとちょっと腰高いかなーという何とも中間の人に向いていると思います。

まー、当たり前。

でも、これ凄い良いと思う。

 

 

で、昼。

疲れた身体に血と肉を与える。

ハンバーグ (゚д゚)ウメェー。

で、添え物のサラダを食べて気が付いた。

どうやら体が欲していたのは生野菜だったらしい。

ドレッシング(゚д゚)ウメェー。

ん?

塩分?

 

 

そんな本日の出荷分。

皆さまご用命ありがとうございます。

XSR900用のシートもちらほら。

 

 

でもって、これ数日前に出荷済みの XSR900 ハイシート のセミオーダー品。

脇カーボン綾織りと座面のディンプルレザーは定番化しつつありますね。

YSP杉並北のYさん からのご依頼です。^^

先日、40周年モデルのSR400 買った際にお話ししてたんですね。

 

 

こちら同じく ハイシート ですが全体をブラウンレザーにしてあります。

それだけではなく、通常ステッチの所をパイピング仕上げです。

こういうオーダーも承りますので、コレイイ! て方はご注文時にお申し付けください。

多少、内腿にゴロツキ感出ますが、ライン自体は峰の頂点から外した(下げた)位置通っているのでそこまでじゃないです。

 

 

こちらは ローシート ですね。

パッセンジャー側を標準のプレーンレザーにしてライダー側座面のみディンプルです。

ちなみに、ローは足つきも加味して腿裏当たらない位置でステッチ弧を描いて落としてあるのでパイピングにしても当たりません。

 

 

面白いのが同日出荷の3つのシート全て赤/白ネームでした。

みんなオーセンティック外装なのかな?

そんな感じで皆さん本日もご用目ありがとうございましたー。

 

 

で、スマホ画像見てて思い出したけど日曜作ってくれて言われてハンバーグ作って食べてました。(;´・ω・)

しかも、翌日弁当にしてその日の夜も余り物で食べたから肉ばっかじゃーん。

今週は毎晩作業続きで記憶が曖昧になってるなぁ。

『キョウハハヤクカヱレ』指令出てるから早めに出よう。

 

 


XSR900 シングルシート その10 ステッチラインといきなりハンバーグ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー