Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.10.25

YAMAHA XSR900 シングルシート その4

もうこれがいつどの段階だったか分からないんだけど表出して撮ったので。

 

 

xsr900k&hシングルシート原型真横から

この前の初サフェ打ち から後ろのこぶ薄くしたりストッパ部の角度寝かしたり何度もやり直してます。

これ見た限りじゃどの段階なのか作った自分すら分からないんだが。

今はもう少し違う形状になっているかもしれないけど多分画像で判断は出来ないと思う。

そのくらい小さな差。

でも、実物触ってると大きな差なのな。

 

 

シートレール末端が露出してしまうことで、えー?てな人も居ると思うんだけど、これ全て覆えるダブルシートと同サイズのシートベース基にしたシングルシートは最初から作る気ありませんでした。

だって幅広で無駄に長いシングルシートなんてカッコ悪いんだもん。

そんなの欲しくない。

自分が欲しく無い物を作る気力は持ち合わせてないんだなぁ。

二人乗り考えるなら当然長く幅広にするのだけど、今回は意匠の部分のみだからね。

代償としてシングル専用のシートベース型を作らないといけない。

勿論、製品も専用品なのでこれ商売的には芳しくない。

ダブルシートとモジュール化した方が生産管理が確実に楽。

まー、作りたくない物は作れないので致し方なし。

 

 

他の人の事は知らないけど、物作るのって自分の中の色んな物が削がれて行くんですよ。

擦り減るの。

一つ製品立ち上がるとひと時ポカーンと放心してしまうのはそのせいだと思う。

嫌になったらホントに向かえなくなってしまうのだ。

嫌いになると長く続けて行かれないのを知っているので、自分自身でケアしています。

嘘はつかない。

嘘つかない為の労力は惜しまない。

この製作記も一切おべっか嘘やりません。

そんなだから、この製作記を読んで気にくわない人も居るでしょう。

まー、自分の性格なんてどうでも良いんですよ。

良い人が良い物作るなんてこと全くありませんから。

物と人は別です。

人として滅茶苦茶、問題多々ある人が作る物がファンタスティックなんてこともあるしその逆もある。

人は良いんだけどねぇ・・・てのも良くあるし。

私の人柄なんてどうでも良いので我々が作る製品使って判断してください。

自分がそのバイクのオーナーになってお金出して欲しい物作ります。

今後も媚びた物作りするつもりありません。

 

 

少し見えて来たかな。

これ黒いレザー張り込むだけで全く違って見えますよ。

期待しないで見てってください。

まー、最後は買ってくれって言いますが。(笑)

 

 

 


2 件のコメント

  • タラオ より:

    もうひと手間かけて
    シートレールカバーも・・・。
    なんてことにはならない?

    まあわたしはXSRオーナーじゃないから人事なんですがね。

    • 上山 より:

      カバーはファニーズカスタムサービスが担当することに。^^
      協業です。
      私は最近シートのみに注力することにしていまーす。

カテゴリー