Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2019.10.29

XSR900 シングルシート その6 車検テクニカルガレージRUNへ

本日、朝から小雨・・・。

またかぁ。(;´・ω・)

 

ということで、

 

 

XSR900にカバー掛け出発。

朝、エンジン始動せずセル長回しになってしまってちょっとびびった。

踏むのか?(ガス送る?) 待つのか? みたいな。

待ったら掛かった。

踏むだった。

キーオン ⇒ 電磁ポンプ圧送 ⇒ 加速ポンプ作動 ⇒ ちょい待ち ⇒ じわじわ気化 ⇒ 火 ⇒ BOMB!! が正解。

5秒くらい?

良く考えたら 先日のXSRミーティング  以来エンジン掛けてなったのなぁ。

3週間以上掛けてなかったのか。

フロートのガス飛んでった?

ワーゲンの話。

 

 

 

 

 

テクニカルガレージRUN

てことで、 テクニカルガレージRUN へ。

車検なのよXSR900。

オーナーさんお世話なってるのがRUNさんなので時短のため私が持ち込み。

 

 

行ったの初めてでしたが立派な店舗だねぇ。

 

 

杉本さん宜しくお願いしまーす。

てなことで忙しそうなので逃げるように朝霞へ。

 

 

で、これ数日前かな。

表面はおおよそ出来上がっていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何となくステッチ位置想定しておこう。

 

 

ちょっとライン書き入れるだけで、

 

 

何となく雰囲気変わります。

実際の縫製したレザーを張るとまた違います。

良い意味で変化します。

まー、それもやり方次第。

 

 

これで決まりてことではありません。

雰囲気見るだけ。

 

 

 

 

どうでしょう。

あとシートベース側の細かい仕上げと横の陰影付くラインの修正が残っています。

 

 

 


XSR900 シングルシート その6 車検テクニカルガレージRUNへ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー